ゆるりとゲームログ ゆるログ

ゆるりとマイペースで進めてるゲームの記録。現在FFRKプレイ中。

ラムザ超絶必殺 歴史の真実が有用だと評価上昇中 FFRK

鈴屋(@gmlog123)です。

FFTイベント【秘術を継ぎし兄妹】の開催に伴い実装された、ラムザの超絶必殺技【歴史の真実】

f:id:suzuyaid:20161128114030p:image

どうなのこれ?とされていましたが、じわじわと評価を上げてきている必殺技となっているようです。私はほしいと思いますが、どうでしょうかね。

関連記事:秘術を継ぎし兄妹まとめ FFTイベント

ラムザ超絶必殺 歴史の真実

ラムザの超絶必殺武器【佐助の刀】によって、習得できる超絶必殺技【歴史の真実】は、全体攻撃力&魔力アップ中&防御力アップ小+1ターン行動待機時間なし。

バフに防御力アップ小が付いていることで、ほかのバフと重ねることができるというメリットがある一方、さけぶと違いヘイスガが付いていないのがデメリットとされています。

評価されたのは全体1ターン行動待機時間なし

攻撃力と魔力の混合火力バフという効果は、すでにいくつかの必殺技で実装されており、火力においてのバフ性能は飛びぬけたものというわけではありません。

評価を押し上げているのは、ラムザ自身だけではなく、パーティ全員の待機時間無しにできる点。

誰でも、全員というのが強力で、鉄壁のグリモアやストンラスキン、全体回復といった高難易度ダンジョン攻略において頻用される必殺技であっても即時発動を可能にしてくれます。そのため、窮地から一気にパーティを立て直す可能性をもたらしてくれるもの。

FFTキャラであれば、待機時間の長いオルランドゥのオーバーフロー、バーストと相性がいい。オヴェリアの全体回復の超必殺、バーストも即時回復として使用できる。

ラムザ自身は、エンドアスピル、いかりと必殺技ゲージを溜めることに長けているので、火力バフの継続、さらなるパーティの即時行動のための準備が可能です。

物理パーティ以外でこそ輝きそう

ラムザといえば、物理火力バフ&ヘイスガのさけぶ。自前で持っているかどうかで、大きくパーティ事情に影響することが長く続いていました。物理パーティでのバフ役ならラムザを起用したいという立ち位置でしたね。

超絶必殺技の歴史の真実は、純粋な物理構成のパーティ以外での使用が輝きそうです。

物理パーティを組むのであれば、まだまださけぶは有用な必殺技です。攻撃力アップ大というバフ性能と、ヘイスガが同時に行えるため、戦闘開始直後から使用したい。

歴史の真実でも物理火力バフは可能ではありますが、現在の減衰の関係から、物理火力バフを重ねる有用性はさほどない。それならFF3オニオンナイトのバーストを使用することで、ヘイスガもついてきます。

物理魔法混合パーティ、魔法パーティだと、魔力バフは重ねることができるという点から、歴史の真実のバフ性能に意味がでてきます。

魔力バフ&ヘイスガの必殺技と組み合わせれば、魔力バフを重ねつつ、ヘイスガ効果がないという歴史の真実のウィークポイントを補うことが可能です。

ただ、やはり全員即時行動を可能にしてくれる点が強力だと私は思っています。厳しい局面からの立て直しだけでなく、戦闘終盤で一気に火力を集めて押し切るという選択もできるようになるわけですから。