ゆるりとゲームログ ゆるログ

FFRKメインのゆるゆるエンジョイゲームブログ。ほかFGOもプレイ中!

ラムザ超絶必殺 歴史の真実が有用だと評価上昇中 FFRK

鈴屋(@gmlog123)です。

f:id:suzuyaid:20161128114030p:image

ラムザ超絶1は火力バフと同時に全体待機時間をなしにできるのがとにかく強力です。

実装当時はさけぶで十分だとされていた時期もありますが、タイムアタックへの相性のよさもあり、優秀な必殺技となっています。

独断と偏見によるラムザ超絶の評価です。

ラムザ超絶必殺 歴史の真実

超絶必殺技【歴史の真実】は、全体攻撃力&魔力アップ(効果:中)&防御力アップ(効果:小)+1ターン行動待機時間なし。

バフに防御力アップ小が付いていることで、ほかのバフと重ねることができるというのがメリットです。実装当初はヘイスガ効果がないことで評価が割れていましたが、ヘイスガはアビリティで用意できるようになったことで、大した問題とはならなくなりました。

評価されたのは全体1ターン行動待機時間なし

攻撃力と魔力の混合火力バフという効果は、すでにいくつかの必殺技で実装されており、火力においてのバフ性能は飛びぬけたものというわけではありません。

評価を押し上げているのは、ラムザ自身だけではなく、パーティ全員の待機時間無しにできる点です。

誰でも、全員というのが強力で、神壁や全体回復といった高難易度ダンジョン攻略において頻用される必殺技であっても即時発動を可能にしてくれます。そのため、窮地から一気にパーティを立て直す可能性をもたらしてくれるものとなっています。

FFTキャラであれば、待機時間の長いオルランドゥのオーバーフロー、バーストと相性がよくなっています。

ラムザ自身は、エンドアスピル、いかりと必殺技ゲージを溜めることに長けているので、火力バフの継続、さらなるパーティの即時行動のための準備が可能です。

魔石ダンジョンやナイトメアダンジョンにタイムアタック要素が含まれるようになり、ラムザ超絶の価値も上昇傾向にあります。どうやって時間を詰めるかを考えるうえで、パーティに組み込みやすい必殺技は貴重です。

物理パーティ以外でこそ輝きそう

ラムザといえば、物理火力バフ&ヘイスガのさけぶ。自前で持っているかどうかで、大きくパーティ事情に影響することが長く続いていました。物理パーティでのバフ役ならラムザを起用したいという立ち位置でしたね。

超絶必殺技の歴史の真実は、純粋な物理構成のパーティ以外での使用が輝きそうです。

物理パーティを組むのであれば、まだまださけぶは有用な必殺技です。攻撃力アップ大というバフ性能と、ヘイスガが同時に行えるため、戦闘開始直後から使用したい性能となっています。ほかに火力バフが用意できないなら、さけぶを使う価値はあります。

物理魔法混合パーティ、魔法パーティだと、魔力バフは重ねる必要性があるケースで歴史の真実のバフ性能に意味がでてきます。魔力バフ&ヘイスガの必殺技と組み合わせれば、魔力バフを重ねつつ、ヘイスガ効果がないという歴史の真実のウィークポイントを補うことも可能です。

ただ、やはり全員即時行動を可能にしてくれる点が強力だと私は思っています。厳しい局面からの立て直しだけでなく、戦闘終盤で一気に火力を集めて押し切るという選択もできるようにしてくれます。