ゆるりとゲームログ ゆるログ

ゆるりとマイペースで進めてるゲームの記録。現在FFRKプレイ中。

凄烈なる四角獣まとめ クリスタルタワー FFRK

鈴屋(@gmlog123)です。

f:id:suzuyaid:20171025220403p:image

17年10月、クリスタルタワーイベント【凄烈なる四角獣】が開催。

これまでもクリスタルタワーイベントありましたが、まとめておくのは初めてですね。ここまでのクリスタルタワーイベントもどうにかクリアできています。そして、今回もしっかりフラグメント回収に成功しました!

今回の攻略順序は4、3、2、1層へと下ってく方向。

1層 ミルウーダ攻略

ミルウーダだけでなく、戦闘開始直後はナイトと黒魔道士を含め3体との戦い。

ミルウーダさえ倒せばクリアできるので、ミルウーダ単体に火力を集めて攻略しています。

火力は単体攻撃でもいいもの、デバフは全体に撒きたいので踊り子アビリティを使えるモグを起用。これまで踊り子アビリティを使いたいときにはパンネロ起用ということが多かったですが、モグバースト獲得をきっかけに選択肢が増えました。

関連記事:たくさんの新規装備をありがとう 33連ガチャ2連発 第93、94回ガチャ報告

モグバーストで魔力バフが可能なことから、魔法アタッカーを火力にしています。バフ、デバフをモグに一任する過負荷状態にはなりましたが、アーシェ、アルフィノ、ティナとアタッカーを多く起用できています。

ミルウーダからウェポンブレイクによる攻撃力デバフがある点からもアタッカーは魔法キャラのほうが安定はします。気にしすぎる必要はないですが、火力に不足を感じたりするなら魔法パーティで挑戦するのがいいかと。

2層 ケルベロス攻略

ケルベロスは5ターン目、全体デスペルで行動が確定しています。私は戦闘開始直後にヘイスガ必殺を使うことが多いのですが、今回はデスペルを打たれるまでがまん。その後にギルバート超絶を発動しています。

デスペル発動までのケルベロスは暗闇、沈黙付与行動をしてくるため、物理キャラには暗闇耐性装備、魔法キャラには沈黙耐性装備を持たせて対策。ラーサーにはウルトラキュアーを持たせてフォローできる態勢。

被ダメージ対策は魔法のみ。ケルベロスがトリプル状態になったときの攻撃は強烈なので、多重の魔力デバフ推奨。重ねられるだけ重ねるぐらいのつもりがいいと思います。

アタッカーは雷属性、風属性キャラ以外で選択。私はリノア、キスティスの2人を魔法アタッカーとして起用。FF8キャラということもあり、キャラ共鳴で耐久力を高めることができています。

キスティス同様にリノアもバーストで戦うつもりだったのですが、セットされていたのはリミットチェインのみ。

自分の不注意ですがこれは誤算。氷属性攻撃をするのはリノアのみ、連撃数が多いアビリティを持たせたわけでもないですからね。リノアに持たせたヴァリガルマンダは簡単にカンストするほどのダメージを出してくれましたが、スピード感には欠ける展開でした。連続ブリザガ持たせてたら違ったかな。

関連記事:ありがたい結果! GWバースト以上ラッキーガチャ 第68回ガチャ報告

キスティスは使えるかもと思った機会があると積極的に起用していますね。なかなか毒属性アタッカーが活躍できる場面が少なくって。

3層 シヴァ・ニクス攻略

被ダメージ対策は物理攻撃重視。シヴァ・ニクス戦ではデバフ必殺を用意していません。ミンフィリアにもたせた物理補助アビリティ、バーストアビリティのみのデバフ。

シヴァは地属性、聖属性が弱点となっています。ナイトアビリティがいずれかの属性に振られているので、強化の進んでいるナイトキャラは火力として期待できます。

私はバッツ超絶をメインアタッカーに、地属性纏いができるガラフ、聖属性纏いができるミンフィリア、光の戦士を並べています。多少デバフが手薄になろうとも、ミンフィリアをデバフキャラとして起用しているのは、バーストで聖属性纏いが可能であったため。

関連記事:物欲センサー発動 FF14紅蓮のリベレーター発売記念ラッキー 第81回ガチャ報告

ダメージを与えにくい相手ではないのですが、戦闘開始直後に死の宣告状態にされるため、討伐までのスピードは求められます。そのため、積極的に火力の出せそうなキャラを選んで攻略しています。

4層 ツインタニア攻略

ツインタニアのマインドブラストには、中確率で麻痺付与効果があるため、麻痺耐性装備を持たせて対策。さらにイリスバーストで状態異常バリアを用意。

関連記事:初のFF15キャラ専用獲得 FF15思い出を写す者 第80回ガチャ報告

被ダメージ対策は魔法攻撃重視。凶ギガフレアが魔法防御力無視攻撃となっているので、魔力デバフを重視した構成がおすすめ。私はヴァンバーストで魔力デバフを重複させています。

アタッカーの選択は自由度が高いです。ツインンタニアには弱点こそないものの、耐性属性も一切ないため、強化の進んでいるアタッカーや得意属性の編成でダメージを与えることができます。

私はレインズ、クジャの2人を起用。魔石ダンジョン、ミストドラゴン戦でも起用しているアタッカー2人です。クジャバーストで闇属性弱体化を付与しつつ、フルダイブ済みのレインズバーストで火力を出す構成。

今回のクリスタルタワーイベント、難易度は高くないという話を目にしていたのですが、被ダメージがなかなか厳しかったです。火力が一点に集まっていたら、誰か倒れてしまっていたかも。