ゆるりとゲームログ ゆるログ

ゆるりとマイペースで進めてるゲームの記録。現在FFRKプレイ中。

エーコ超絶 対すべこえヒーラー FFRK

鈴屋(@gmlog123)です。

f:id:suzuyaid:20170920083335p:image

最近では数々の白魔導士キャラ超絶が登場している中、早い段階で実装されていたのがエーコ超絶。それだけ選択肢が増えて、マルチで見かける機会も減少傾向ではありますが、優秀な必殺技です。

エーコ超絶 モグのおまもり

超絶必殺技【モグのおまもり】は、待機時間なしで全体大回復+踏みとどまる+ヘイスト。

白魔道士キャラの超絶としては、比較的早い段階で実装された必殺技。即時発動の全体回復、全体踏みとどまるは、いまでも助かる性能になっています。エーコ自身はヒーラーとしてだけでなく、吟遊詩人アビリティが扱えるのでパーティの火力サポートが可能ではあるキャラです。

全体ヘイスト効果の用途

全体回復と合わせて全体ヘイストが可能な必殺技ですが、ヘイスガ効果を期待した運用となると難しい。

全体ヘイストはバフキャラなどのサポートタイプの必殺技で用意するのがほとんど。タイムアタック要素が絡むと、全体ヘイストは一手でも早く入れたい。

全体ヘイストを意識してエーコ超絶を使用してしまうと、ヒーラー本来の性能である全体回復を無駄にしてしまうケースもあり、賢い運用とは言えず、おのずと戦闘直後のためのヘイストは、エーコ以外のキャラで用意することになるでしょう。

エーコのヘイストが活きるシチェーションは、デスペルやスロウでヘイストを剥がされたとき。ヘイストのかけ直しの場面ですね。

バースト時代から超絶時代、さらなる新機軸時代に移りつつあるのも微風程度ですが追い風。バーストでは自身をヘイスト状態にすることが常でしたが、超絶以降の必殺技がメインになることで状況が変わってきました。

そうはいっても、ヘイストかけなおす前に倒す戦略を作るほうがタイムアタックではメインですけどね。

求められるのは踏みとどまる更新

エーコ超絶に求められるのは踏みとどまるが剥がされたあとのフォローがメイン。

3周年イベントで再来している、すべこえ戦などでは非常にマッチする性能になります。強力な一撃であっという間に踏みとどまるが発動するほどのダメージ、それが繰り返されるようなシチュエーションでは、即時で大回復できて、再度踏みとどまれる状態にできる。

関連記事:ついに越えたぞ! すべてを超えし者攻略

ヘイストはおまけだとしても、即時全体回復と踏みとどまるだけで十分価値はあるんですよね。魔石ダンジョンでいつもパーティに組み込まれるような性能ではないですが、活躍の余地は今後いくらでもあると思います。