ゆるりとゲームログ ゆるログ

ゆるりとマイペースで進めてるゲームの記録。現在FFRKプレイ中。

交叉する時の果てプレイ記録 FF13イベント FFRK

鈴屋(@gmlog123)です。

f:id:suzuyaid:20170723230759p:plain

FF13イベント【交叉する時の果て】をプレイした攻略記録です。

フルオープンとなっているイベントは同時にミッション祭り状態で今後開催されるのでしょうか??

イベント概要:交叉する時の果てまとめ FF13イベント

凶 グランベヒーモスミッション攻略

ミッションのための条件は、FF13キャラを3人以上起用すること。育成が終了していないFF13キャラに加えて、レベリングをのんびり進めているリュックとミンフィリアでパーティを構成しています。

ちょっと余裕を持ちすぎてしまいました。自身の力量をちゃんと把握するようにしないと、凶ダンジョン攻略に失敗した場合のスタミナの消費は痛すぎる。

誤算だったのは簡単にスノウが倒れてしまったこと。バーストを使用しての火力バフキャラとして起用していたのですが、物理攻撃へのカウンターに対する行動キャンセルがスノウに集まり、あっと言う間に倒されてしまいました。倒れたのが火力バフキャラで済んだのは不幸中の幸い。

グランベヒーモスには防御力無視の攻撃があるため、攻撃力デバフを重視したい。2体いるので踊り子アビリティでデバフを入れていくのが理想。多重にデバフを入れる構成にするのがおすすめです。

風属性攻撃に微弱になっていますが、ほかの属性は等倍で通りますし、スペシャルスコアに絡んでいないので、あまり気にしなくていいかも。物理パーティよりも魔法パーティーで構成して、カウンターのヘイストを必要に応じて解除する戦いをしたほうが、ダメージはもらいにくい気がします。

凶++ バハムート・カオスミッション攻略

ミッション達成のための条件は、FF13キャラを3人以上起用すること。

アタッカーの選択において自由度が高いので、火力の期待できるキャラを起用するだけで攻略はグっと近づきます。

魔力デバフは多重に入れたい。バハムート・カオスのメガフレアが魔法防御力を無視した攻撃になっているので、ほかのデバフよりも魔力デバフが優先されます。

デバフを重ねての被ダメージ具合と、どれぐらい火力が出せるかにもよりますが、ヘイスト解除はしなくても大丈夫。攻略できない場合にはヘイスト解除を考えた構成に組み替えればいいと思います。

滅+ アトラスミッション攻略

最後のアトラス戦でも、FF13キャラを3人以上起用することがミッションのための条件。

ここは苦労しました。ライトニングバーストを持っているものの、アトラスは雷属性攻撃が無効のため、選択肢から除外。まずはスノウ、ヴァニラ、レインズをミッションのために起用してみたものの、うまくいかず再戦。

レインズをホープにスイッチして、ヴァニラと2人で回復行動を取れるように変更。デバフキャラとして、ヴァンを起用していたのですが、バーストで攻撃力デバフも可能なフランにスイッチ。メインアタッカーのアヤメに加えて、ヴァンで火力を出す構成から、火力をほぼアヤメに頼る構成へと変えてクリアできました。氷属性アタッカーで計算できるキャラがいれば、一人で十分ダメージが出せますね。

クリアはできましたが、あと1手遅れていたら全滅していたであろう戦いっぷりで。とても結果に満足できるものではなかったですね。FF13キャラにはさほど弱さを感じていたわけではいないだけに、課題をつきつけられました。

FF13キャラのスノウで火力バフを用意できたのが勝因だと思います。バフ、デバフ、バースト以上の全体回復手段のいずれかは用意したいところですね。

関連記事:ライトニング超絶を求めて 30周年フェスガチャ第5弾 第78回ガチャ報告

滅+ アトラスフルスロットル攻略

イベントミッションでは上手に倒すことができませんでしたが、キャラ起用に縛りがないフルスロットルは簡単に攻略できています。

アヤメをメインアタッカーとして起用すること以外は、イベントミッション攻略から大きく変更。ラムザ、ヴァンの起用は、アヤメがより火力を出すためのパーティ構成。

セリスは獲得したバースト2を使いたくて起用。まだどうやって起用するべきか試行錯誤が続きそう。まふうけんが機能するシチュエーションが今後増えるとは思えない。

関連記事:追いかけてしまった 30周年フェスガチャ第2弾 第71,72回ガチャ結果報告

いつもフルスロットルのほうが攻略しやすいという点に変わりはなかったですが、それにしてもイベントミッションとの差は大きかったです。とくにFF13キャラでデバフが用意できるようにしたいところ。

滅+ プラウド・クラッドフルスロットル攻略

プラウド・クラッドは以前にフルスロットルダンジョンに登場しています。

前回攻略ができていない場合だけでなく、倒せていたとしても再び報酬が獲得できます。以前のフルスロットル開催時の不具合?に伴い報酬が再設定されることになりました。

被ダメージ対策は物理攻撃に対してだけでOK。防御力無視の攻撃もあるので、デバフは重ねられる構成。

プラウド・クラッドには雷属性攻撃が有効。物理アタッカー、魔法アタッカー問わずに起用することができます。

私はアタッカーとして、ライトニングとアーシェを起用。今回の本イベントではライトニングが活躍しにくかったので、フルスロットルでは起用できてよかったです。なかなか弱体化バーストだけで戦うのは難しくなってはきていますが。

関連記事:DDFFラッキーガチャを引いてみた 第43回ガチャ報告

フラグメントが再獲得できるというのが嬉しいですね。フラグメントはいくつあってもいいものなので、今後のフラグメントダンジョンにも期待しています。