ゆるりとゲームログ ゆるログ

ゆるりとマイペースで進めてるゲームの記録。現在FFRKプレイ中。

レインズ超絶実装で闇属性アタッカーがメインに FFRK

鈴屋(@gmlog123)です。

f:id:suzuyaid:20171110185154j:plain

レインズはバーストも十分すぎるパフォーマンスでした。結果として超絶も期待が集まる中での実装。超絶実装で闇属性アタッカーとして起用するのが基本線になりましたね。

独断と偏見によって、レインズ超絶を評価してみます。

レインズ超絶 偽りなき奇跡

超絶必殺技【偽りなき奇跡】は、自身が死の宣告状態だと威力が上がる10連闇&聖属性単体魔法攻撃+自身に死の宣告30カウント+自身待機時間1ターンなし+自身の魔力アップ(効果:中)&魔法防御力アップ(効果:小)+闇or聖属性アビリティ使用時に追撃(熾天使の翼撃)

バースト同様に闇&聖属性魔法攻撃、死の宣告でダメージアップが可能な必殺技。超絶で自身を死の宣告状態にすることはできますが、初撃からダメージアップを乗せるのであれば、ほかに死の宣告になる手段を用意する必要はあります。

聖属性アタッカー起用するならバーストが必要

闇属性攻撃、闇属性攻撃どちらでも追撃を発動することのできる必殺技ではありますが、聖属性アタッカーとして起用するとなるとバーストとの併用が必須。

闇属性アタッカーとしてであれば、暗黒アビリティに闇属性攻撃が豊富にあるため、超絶だけでも十分なパフォーマンスが望めます。

一方で聖属性アタッカーとして起用する場合には、火力に期待できる聖属性攻撃アビリティがない。高難易度ダンジョンにおいて、聖属性攻撃で火力を出すためにはバーストアビリティをすることになります。

聖属性アタッカーとして起用するには超絶以外に、バーストを持っている必要があり、必殺技ゲージも余計に確保できるようにしなければなりません。揃っていれば候補になりますが、基本的には闇属性アタッカーとして起用するための必殺技です。

関連記事:纏わずしても超破壊力のレインズバースト

上手に2つの必殺技を併用するのが強そう

レインズ超絶で聖属性アタッカーとして起用するためには、どうしたってバースト併用が必要なのは確定しました。

闇属性アタッカーとして起用する場合には超絶1本でいいかということにもなりますが、オーバーフローが併用できたほうが、より火力が出せそうです。

死の宣告状態になることで必殺技の火力アップができるとはいえ、属性纏いができる必殺技ではありません。そのため、リミットチェインを絡ませないと思ったほどの火力にならないなんてことも。

火力不足になれば、死の宣告30カウント以内での攻略ができない可能性も高まってしまう。その点、オーバーフローは死の宣告状態の恩恵もあり、火力を出すことも可能で併用を検討する価値はありますね。