ゆるりとゲームログ ゆるログ

ゆるりとマイペースで進めてるゲームの記録。現在FFRKプレイ中。

修練の極致まとめ FFRK

鈴屋(@gmlog123)です。

f:id:suzuyaid:20170823200836j:image

17年8月、主人公キャラたちとの戦い【修練の極致】が開催。

今回のイベントは、ゼロスロットルバトルの試験的な運用というのもあったのではないかなと思っています。

ゼロスロットルバトルはデバフがかなり効果的になるのもあって、比較的やりやすかった。

凶 ティナ&クラウド攻略

前編:通常攻略

ティナ、クラウドどちらもいる間は、被ダメージがかさみやすいので、1体ずつ倒していく方法で攻略しています。全体攻撃で効率よく削るということもできはするのですが、ティナとクラウドが同時に弱状態に移行されるのは避けました。

ティナは魔法攻撃タイプ、クラウドは物理攻撃タイプとなっているので、どちらにも対応できる被ダメージ対策を用意。

物理攻撃はスノウでひきつけて対応。その分、ラーサーにはプロテガではなくシェルガを持たせてます。また、パンネロに踊り子アビリティを持たせて、火力デバフキャラとしています。

ティナ、クラウドどちらにも闇属性攻撃が有効。バーストを獲得したレインズと、超必殺であれば持っているアラネアをアタッカーとして起用しています。アタッカーは物理タイプ、魔法タイプ問わず、闇属性アタッカーにこだわる必要もないので、火力の出せるキャラを起用すればいいと思います。

関連記事:初のFF15キャラ専用獲得 FF15思い出を写す者 第80回ガチャ報告

育成を進めているキャラを起用しながら攻略できたのはよかった!

後編:ゼロスロットル攻略

ゼロスロットルバトルでは、通常攻略時とは弱点設定が異なります。

ティナに氷属性攻撃が有効的となっているので、クラウドの氷雨、リノアの連続ブリザガを火力のメインに攻撃。ティナをできるだけ早く倒して、クラウドとの戦いに集中して攻略しています。

オルランドゥでひきかまをしてますが、非常に効果的というほどでもない印象。被ダメージがつらい場合には、物理攻撃なり、魔法攻撃なりをひきつけるキャラを用意すればいいかな程度です。

凶++ ジタン&バッツ攻略

前編:通常攻略

ジタン、バッツともに物理攻撃タイプなので、魔法攻撃への被ダメージ対策は不要。防御力バフと攻撃力デバフを用意。

さらにオルランドゥでひきかまを用意しているので、ディフェンスには不安なし!

問題は火力のほうで、闇属性アタッカーをティナ&クラウド戦同様に、レインズで用意したかったのですが、バッツに魔法攻撃に対するカウンターがあったため断念。

闇属性攻撃で削っていくことはあきらめて、強化が進んでいるクラウドにメインアタッカーを張ってもらいました。

オルランドゥがひきかま枠とはいえ、オーバーフローも持つアタッカーだったので、火力にも思ったほど苦労することなく攻略。

関連記事:2周年記念フェス第4弾 2nd 第38回ガチャ報告

後編:ゼロスロットル攻略

ティナ&クラウドゼロスロ戦では、それほど効果を実感しなかったひきかまですが、ジタン&バッツゼロスロ戦では機能しやすいです。

ジタンの攻撃にほぼ対応できるという点もそうですが、ジタンの弱点属性が地属性になっていることでガイアクロスを持たせるメリットが大きくなっています。バッツには雷属性攻撃が有効的となっているので、フルダイブ済みのアーシェを起用。

今回はフレンド召喚に壁ではなく、火力バフ&ヘイスガを選択しました。きっちりデバフを入れれば被ダメージはさほど怖くないレベルに落とし込めるので、壁よりも火力バフのほうがいいかも。

滅+ スコール攻略

前編:通常攻略

火力通しのぶつかり合いとなるスコール戦。デバフは無効、バフも無視した攻撃をしてくるスコール。何度目かの戦いです。

耐久力バフ、火力デバフが意味をなさない代わりに、全属性に対して弱点設定がなされているので、得意属性パーティを組んで火力で押し切るのがセオリーとなります。

私は炎属性纏いができるレフィア、炎属性弱体化ができるサンクレッド、魔法剣の連続発動が期待でき、EXモード効果で追撃が可能なバッツでアタッカーを構成。

火力バフをラムザ、ヒーラーをリルムで脇を固め、火力勝負に打ち勝ちました。

実はこのパーティ、魔石ダンジョンのフェンリル攻略をしているパーティそのもの。魔石ダンジョン攻略には属性特化したパーティを作るのが攻略の近道のため、スコール戦に転用しても相性がいいです。

後編:ゼロスロットル攻略

スコールは通常バトルのほうがよっぽどしんどいです。ゼロスロットルではデバフが効くようになっているので、非常に攻略しやすくなっています。

火力を出す手段を考えるのは通常バトル同様で、クラウド、エッジ、バッツをアタッカーとして起用。いずれもフルダイブ済みで、アビリティの連続発動を期待できるキャラを並べました。

戦ってみて思ったのは、連続発動の頻度によっては被ダメージなしでクリアできてしまう方もいるのではないかということですね。